忍者ブログ
ゲームブランド【スミレ】の代表兼ライター雪仁の個人サークル『すまいるふぉらんかんぱにぃ』のブログ。元個人ブログなので過去記事との齟齬は気が向いたら整理します。
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



C95にて頒布させていただきました、
雪仁オリジナル短編集【雪のあしあと2】のbooth通販を始めました。
https://sfcompany.booth.pm/
それに伴って前巻の中の1作を試し読みでアップしておきますので、
何か気に入った方はぜひポチって下さい。
もそもそと発送致します。


※ブログ形式に合わせて、改行や文章など微妙に原作と変わっています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
【クラリネットフィンガーソード】
 文:雪仁 挿絵:aomi
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
「ぼくの大好きな」
「クラリネット」

「パパからもらった」
「クラリネット」

「とっても大事にしてたのに」
「壊れて出ない音がある」

「どうしよう」
「オー」

「どうしよう」
「オー」

「「オーパッキャマラド、パッキャマラド、パオパオパパパ」」

「で、お姉ちゃん。急に部屋に呼び出されたわけだど、いったいどうしたの?」
「お父さんのクラリネットが壊れちゃったのよ。だからその相談」

弟は姉が持っているクラリネットに目を向ける。

父の趣味はクラリネットであり、
正確に言えばパパからもらっていない正真正銘お父さんのクラリネットだ。

それをなぜ姉が持っているのか少し疑問だったが、
父がこのことを知ったら悲しむのは間違いない。

彼はお父さんが好きだった。
だからこそ出来るだけのことをしようと思い姉に頷いて見せる。
でもその前にひとつだけ気になることがあり、念のため姉に尋ねてみた。

「そもそもお姉ちゃんってクラリネット吹けないよね」
「だから何? それとクラリネットが壊れたことが関係あるの?」

威圧的な姉から弟は視線を逸らし、何も聞くまいと口を閉ざした。
これが彼が生まれた時から今までに築かれたカーストであった。

「じゃあ、そもそもどこが壊れてるのか調べてみようか」

弟は蛇に睨まれた蛙のように震えながら、
そう次の話題に展開させることで精一杯だった。

「ドとレとミの音が出ないのよ」
「うん。ドとレとミね」

童謡まんまじゃんと、そんなツッコミをおくびにも出さず、
弟は腕を組み頬に手を当てて考え始める。

クラリネットでドとレとミの音を出す時は、
クラリネットを構えた体勢で左手だけを使う。

ボディの裏側にある穴を左手の親指で、
表側の穴を一番上から人差し指、中指、薬指とみっつ塞ぐ。
するとこれがドの音になる。
そしてその状態から薬指を離すとレ、中指を離すとミの音が出る。

父の趣味に影響されてクラリネット奏者であった弟は考えた。
ドの音が出ないと言うことはつまり――

「……音が出ないの、ドとレとミだけじゃなくない?」
「そうね。実はドとレとミとファとソとラとシの音が出ないんだけど」

クラリネットは全部の穴を離して吹くとソの音が出る。
そのソが出ないということはつまり、
お父さんのクラリネットはすでに楽器とは呼べるかも怪しい状態だと言うことだ。

「うーん。じゃあお姉ちゃんが壊し――音が出なくなった時のことを聞いてもいい?」

身長に言葉を選びながら、根本的なことを姉に尋ねてみる。
姉はさも不愉快そうに、苦虫を噛み潰したように顔を歪めた。

「部屋にGが出たのよ。機動戦士じゃないやつ」
「断らなくてもわかるよ。お姉ちゃんが嫌いなやつでしょ」
「あ、でもゴッドは嫌いじゃないのよ?
 ああ言うガンダムだってひとつくらいあってもいいじゃない」
「お姉ちゃんのおじさん萌えは知ってるから続けて」

姉は東方不敗派だった。
細かく言うなら東方不敗×チャップマンのヒゲカップリングが堪らないと悶えていた。

その昔、冗談交じりに『腐敗繋がりだね』と言ったら、
シャイニングフィンガーソード(竹刀)で面、面、面されて泣かされた。
弟はその痛みと、姉の趣味に触れたら地獄を見るのだと学んだ。

「あたし、Gはギリギリお父さんより嫌いっていつも言ってるでしょ? それで驚いちゃって」
「落としちゃったんだ」
「叩いたの」

姉はニヤリとしながらクラリネットを素振りをして見せた。
その素振りから察するに一発や二発ではなかったようだった。
改めて見るとクラリネットはもうボロボロであった。

さっきの壁が大破したような音はそれかと察し、
姉の部屋に空いている大きな穴に、弟は気付かない振りをすることにした。

「とりあえずかなり致命的な感じがするし、
 素人じゃ手に負えそうにないから修理業者に電話してみようよ」
「悪くない案ね。採用よ。はやく聞いてよ。お父さんが帰ってくる前に」

このヨレヨレになったクラリネットを見て、
まだどうにかなると本気で思っていそうな姉の頭を弟は心配した。

でもこれも彼女が絶望を知るには必要な手順だと自分に言い聞かせ、
同時にお父さんのためにも一縷の望みをかけて修理業者に通話ボタンを押す。

「これなら買ったほうが安いんじゃないかって。60万円」
「使えない業者ね。修理をするのが仕事なのに修理をしないなんて。
 じゃあもう直すのはもう諦めて、どうやったらごまかせるか考えましょ」

ヤレヤレと両手を上げて首を振る姉。
その言葉に幼いころの姉がオネショをごまかそうとした時のことが弟の頭を過ぎった。

オネショ布団の上に、姉自作のキャバクラの名刺を置いたことで、
父は母に烈火の如く責められ我が家は家庭崩壊の危機に陥った。
でも結局お姉ちゃんのオネショはオネショで別途怒られていた。
結果、父が心身ともにボロボロになっただけで誰も幸せにならなかったのだ。

そんな思い出がフラッシュバックする中、
早くこの家を出ていこうと思いながらも、弟はとりあえずごまかす提案に同意した。

「あ。良いこと思いついた。いっそのこと、逆にお父さんを壊しちゃうのはどうかな?
 クラリネットとかどうでも良くなるくらい」
「ぼく、時々お姉ちゃんって本当に血の繋がった家族なのかなって疑問に思うことがあるんだ」

お父さんとお母さんは、なぜこのような生物兵器を造りたもうたのでしょうか。
でも自分や両親にもこの狂気の血が流れている。
ぼくの中にも姉のようなモンスターが――

「そうだ、もうひとつ良い案を思いついたわ。これなら全てが丸く収まる名案」

ぱん、と隣で姉が手を叩く音に現実へと引き戻される。
どうせろくでもないことなんだろうな。
そうは思いつつも満足そうな笑顔の姉の言葉の続きを待った。

「これはお父さんの昔の彼女のクラリネットだったってことにしよう」

本当にろくでもなかった。
丸く収まるどころかウニのように棘しか見えなかったが、
でももう弟には姉に反抗する気力は残ってはいなかった。

そしてその晩。
ぼくらの家には何度目かの家庭崩壊の危機が訪れた。

僕の大好きなクラリネットはお母さんにもフィンガーソードで面、面、面され、
もはやただの命を刈り取る形をした血染めの木の棒になっていた。

お父さんが大事なクラリネットを抱いたまま泣いて悲しんでいたけど、
それがまたお母さんにガソリンを注いで大爆発する結果になっていた。
当然だった。

でもお姉ちゃんがお父さんを庇った小芝居で我が家は首の皮一枚繋がった。
ぼくは家族さえも信じられない人間不信になった。

そして翌日。
ゴミ業者の車に乗って旅立っていくクラリネットをみんなで見送った。

「……ぼくも、とっても大事にしてたのにな」

不意に涙で景色が滲んだけれども。
ぼくはゴミ収集車の後ろ姿が見えなくなるまで、
ずっとずっとただ呆然と見送り続けていた。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか。
このような実に下らない短編5本立てとなっておりますので、
もしクスリとでもひと笑いしてしまったらば、
負けたと思ってご注文いただければと思います。


↓↓↓ご購入はこちら↓↓↓
https://sfcompany.booth.pm/


ちなみに感想とか聞かせてもらえると妙なやる気が出ますので、
そこまでして次が見て見たい方は、
Twitter(@yu_ki_hi_to)とかでどうぞよろしくオネシャス。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
news&information
2010.03.14
個人ブログ開設しました。
profile


name: 雪仁

リポDと愛車をこよなく愛する
横浜在住のシナリオライター。
サークルふぉらんの代表。
身体の半分はタウリンで構成。

⇒雪仁の仕事履歴
⇒ツイッターはコチラ



雪仁Blog: 雨、所により花吹雪

メール:singing_is_happiness★ybb.ne.jp

お仕事のご依頼などはこちらからお願いします。
(スパム対策のためお手数ですが★を@にして下さい)
まずはメールにてご打診を頂ければと思います。
calendar
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
忍者ブログ [PR]